2010年10月 « 鹿児島県 工務店・注文住宅なら幸洋トップへ » 2011年04月

2011年03月07日

T様邸(いちき串木野市)デザイナー住宅

外観

シンプルな四角が“美”を強調させます。

その中に、引き立つ格子。
モダンな白壁に温かみを与えます。
外観 外観


外観外観外観


ホテルのような空間。
内観 内観

内観内観吹き抜け

内観 内観


内観 テラス

高級な雰囲気を演出する照明デザイン

アクセントアクセントアクセント

アクセント  アクセント

チョッとしたことが
オシャレになる

異空間異空間ニッチ


階段吹き抜け洗面スペース

Y様邸(薩摩川内市五代町)リノベーション

内観

リノベーションとは、
リフォームのように、同じ間取りで壁・天井・床
または、キッチン・トイレなどをきれいにするのではなく
間取り自体を変化させます。


たとえば、リビングの位置や水周りの位置を
今までと全く違う場所に移動させ、同じ建物で
別の間取りにしてしまう手法です。

最近は、古いマンションをリノベーションして
まるで新築のマンションのようにしてしまいます。

内観 内観


キッチン 水周り 洗面スペース

築30年 軽量鉄骨住宅

テーマは、「オシャレで可変性のある家」

子供たちの成長に合わせて、家の住み方を
変化させ、老後も広々とのんびり生活出来る住まい。

しかも、永い間飽きの来ない、シンプルなデザイン。

しかも少しリッチな気分にさせる空間は、
来るお客様にも、くつろぎのひと時を与えます。

内観 収納 収納

外観 外観

O様(いちき串木野市)リフォーム

内観

築30年の住宅。

昔ながらの
少し薄暗く感じるお住まい。

全体的に明るく、清潔感のある部屋にリフォーム。

白を基調として、備え付けの家具・棚を付け
収納面・デザイン・使い勝手を重視。 

水周りの配置や家相の改善も同時に進行。

明るくデザイン性のある雰囲気に大変身したリフォーム工事


キッチン
施工前                    施工後
キッチン  キッチン


リビング
施工前                    施工後
リビング    リビング

寝室
施工前                    施工後
寝室 寝室


廊下
施工前                    施工後
廊下      廊下

リビング リビング

 
キッチン トイレ 廊下


2011年03月02日

幸せを呼ぶ環境

あなたにとって幸せとは何ですか?
幸せのひと時
家族でくつろいでいる時
それとも、自分の趣味を没頭している時
幸せを感じる瞬間はその人それぞれで
違いはあります。


ただ、みんな共通して言えることは

元気に明るく暮すことではないかと思います。

そのために何が必要か?

私たちが考える、幸せになるための要素は

・健康でいられる家
・体が丈夫になる家
・ムリの無い返済が出来る家
・デザイン性のあるオシャレな家
・運が良くなる家

ではないかと思います。

その理由は・・・

健康でいられる家

人によっては、新しい家に住んで病気に なってしまう人もまれにいます。

それは、何故か?
安心空間

家を建てる際に、接着剤などの化学物質を使ったり
換気が悪く、カビが発生しやすい家になっていたり
することでアレルギーが発生する人がいます。

その代表的な病気が「シックハウス症候群」です。

せっかく家を建てたのに病気になってしまっては
これからの人生が楽しくありません。

病気にならない為の家づくりをする必要があります。

たとえば、
・害のない自然素材を使う。
・化学物質を分解する素材を使う。
・換気がしやすい家にする。
・有害物質を出さない素材を使う。  など

住む人にやさしい安全な素材・間取り・環境をつくることが大切です。


人にやさしい素材はこちら→自然素材

体が丈夫になる家

安心な素材で出来た家に住むことで
新築による病気は回避できると思います。

安心空間


しかし、それだけではダメ!!

それは、これから先病気にならない為の
生活スタイルがポイントになります。

人間は本来、自分の力で病気に打ち勝つ力を
持っています。

それは、免疫力です。

免疫力を高める、環境を家の中に取り入れることで
人の体は、病気に勝つ強くて丈夫な体を手に
することが出来ます。

その、重要な場所が寝室です。

寝室は、ただ寝るだけでなく体の疲れを取り、
寝ている間に免疫を上げる大切な場所です。

そのために必要な条件もあります。
その条件を満たす寝室づくりがポイントです。

ムリの無い返済ができる家

家が出来ると、欲しいものやりたいことも
たくさん出てきます。

だから、お金が絶対に必要です。

家を建てる際に、自分が組めるローンを
精一杯組み、毎月の支払がいつも大変な
状態になってしまっては、何も意味がありません。


家を建てても、家族で旅行に行ったり、たまには
外食をしたり、今までと同じ楽しい思いはしなくては
幸せとはいえません。


そこで、わかっていて欲しいことは、
自分が組める精一杯のローンを組のではなく
自分が毎月支払をしても、苦労しないローンの組み方を
しなくてはいけません。

資金計画をする際は、坪単価○○万円で家を判断せず
建物・土地・経費全てを含めて、毎月の返済が○○円で
できる家で判断します。

この様にすることで、家が過剰に豪華になったり、大きく
なったりすることが無く、後々くる、固定資産税などにも
対応することが出来ます。

この様な内容をより分かりやすくした小冊子はこちら→老後まで安心して資金計画の考え方

デザイン性のあるオシャレな家

なぜ、幸せな家にデザイン性が必要なのか?

それは、どんな家でも建てた本人は、自分の家が
一番と思います。
デザイン
しかし、第三者の見方は違います。

オシャレな家は「オシャレ」
普通の家は「普通」  と判断します。

自分では満足していても、他人が
「カッコいい」「カッコ悪い」と判断された時
あなたはどちらが気持ちよく思いますか?

もちろん「カッコいい」「オシャレ」と判断される方が
いいと思います。

この様に言われると、「本当に建ててよかった」
「うちの家はいい家だ」とよりいっそう感じることが出来
気持ちも良くなると思います。

しかも、いい家はいつの時代もいい家です。

永く愛される家に住めるあなたは、幸せを感じると思います。


2010年10月 « 鹿児島県 工務店・注文住宅なら幸洋トップへ » 2011年04月
資料請求 見学会開催
insta.png

facebook.png
ママンの家
ren5.png